【場所】 鹿児島市名山町4-1-2F(鹿児島市役所・電車通りを挟んだ斜向かい) 【営業時間】 10:00 ~ 17:30(L.O 17:00)  【定休日】 火曜・水曜  【TEL/FAX】 099-213-9533
by sandeco
カテゴリ
全体
ご挨拶
「SANDECO COFFEE」について
「SANDECO COFFEE」の特長
【メニューリスト】
【カフェインレスコーヒー】
【ギフト】
今日のお豆
コラム・コーヒー
鹿児島のオススメ
daily
cainoya × SANDECO
北村直登せんせい
数学塾
数学カフェ
☆ジョブディス☆
SANDECO COFFEE 数学部
★ manavee ★
株式会社をつくろう!
薩摩スチューデント23
すうがっくま
計算ブリッジ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日の数学部はお休みします


今日の数学部はお休みします。
ごめんなさい。
宜しくお願いします。
[PR]
by sandeco | 2016-04-30 13:57 | SANDECO COFFEE 数学部

「薩摩スチューデント23」 詳細情報です

f0236682_14481694.jpg


昨日、ブログの記事で「薩摩スチューデント23」の設立趣旨をご説明させていただきました。

今回は、より具体的な内容についてご説明させて頂きます。



【組織概要】

「薩摩スチューデント23」って何をやっていくところなの?


・毎週、月曜、水曜、金曜の9時から15時まで、先生(上野)と共に勉強とビジネスを学びながら活動していく組織になります。


・毎朝9時にいづろにある教室(いづろベース)に集合して、出席(点呼)を取ります。無断欠席はもちろん厳しく追及します。


・朝礼後、それぞれ1分間スピーチをしてもらいます。(テーマは何でもOK。気になったニュース、楽しかったこと、悲しかったこと、憤ったことなど)
人前で発表するということに慣れ、面接やプレゼンテーションに強い人格に育てます。


・毎週月曜日の朝に、先週1週間の反省と今週1週間で何をやるか?についての週間予定表を作成し、上野と一緒に付き合わせて確認していきます。


・午前中はいづろベースでそれぞれの勉強を進めます。(上野が常駐するので、勉強の質問などは適宜受け付けます)
参考書、ネット動画、問題集、時には図書館で借りて来た本や資料を使って各自のペースで勉強してもらいます。
だいたい1コマ50分で10分休憩のペースでコマ割りをしていきます。


・毎週1回、外部アドバイザーさんにお越し頂いて、担当科目の質問に対する回答と、1時間程度の講義(または実習やワークショップ)の時間を取って頂こうと思っています。
高校の単位を取得する為の勉強が最重要課題であることは間違いないですが、その他にも社会に出た時に役立つ内容について学んだり、考えたり、議論したり対話したりしていきたいと考えています。


・12時から13時はお昼の時間です。月曜日と金曜日についてはお弁当持参か、どこかで購入していづろベースにて食べます。
そして、水曜日は数学カフェに場所を移動して、生徒と先生が一緒になって昼食を準備して食べるという活動をして行こうと思っています。
料理は、予算、計画、準備、段取り、美味しさ、そして安全性など、ビジネスを進めていく為に必要なエッセンスが全て詰まっていると思います。
なので、皆で楽しく、料理の腕前とビジネスの基本を学びながら進めていこうと思っています。


・午後は「すうがっくまプロジェクト」に参加してもらいます。

※「すうがっくま」とは?
f0236682_15355329.jpg

SANDECO COFFEE 数学カフェ / 数学塾で作っている新しいゆるキャラで、数学を教えてくれる白熊をイメージして作りました。
「すうがっくまプロジェクト」とは、このキャラクターを世界に発信して行く為の取り組みのことを表します。


勉強の進みが遅れている場合はそのまま勉強を進めて行く事もありますが、生徒達は「すうがっくま」を世界に発信して行く為の戦略立案、企画準備、実施、効果測定、改善などを行うスタッフとして実働部隊として参加してもらいたいと思っています。

OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を通じて、具体的に必要となる能力を養っていく予定です。


・「すうがっくまプロジェクト」に関わる費用や収益については開示していき、半期に1回決算することで得られた利益の中から幾らかの割合で生徒たちに配分して行く予定です。
こうして行く事で、金銭感覚とビジネス感覚を養って行くとともに、「自分の学費は自分の手で稼いで行く」という意識も醸成していきたいと思っています。

もし「すうがっくまプロジェクト」を進めて行く中で赤字が出た場合は、生徒さんたちに負担を強いる事は致しませんのでご安心ください。


・年に1回「文化祭」と称して、鹿児島市内で開催されるイベントにブース出店を目指し、その中でどれだけの売り上げを上げる事ができるか?を本気で考えて準備し、実行していきます。もちろん、この時にかかった費用と売り上げを会計計算し、そこで得た収益に関してもスタッフに分配していく予定です。


・年に1回「体育祭」と称したイベントも開催したいと考えていますが、まだ詳細は未定です。


・株式会社の設立→運営→会計/決算→M&Aを1年間の間で全て体験してもらいます。

毎年、1つの株式会社を設立する為に必要な事を学び、実際に株式会社を設立し、事業を運営して年末に会計・決算をして貸借対照表や損益計算書を作成します。そして、本体の株式会社とのM&Aまで経験してもらい「株式会社の始まりと終わり」を体験してもらおうと思います。


・そして何より、「薩摩スチューデント23」という組織の1番の守るべきコア事業としては「確実に通信制の高校を卒業させる」ということです。
なので、この部分は確実にクリアして行くつもりで全力でバックアップして行こうと思っています!




【生徒要件】

生徒さんを募集するにあたり、組織に参加してもらう為のいくつかの条件がございます。


・通信制の高校に通っていることが大前提となります。

この組織は「高校」の代替組織ではないので「薩摩スチューデント23」だけに所属していても高校卒業資格は得られません。
ですので、通信制の高校に通って頂くか、オンラインの授業によって高校卒業資格が得られる様な高校に登録してもらうかが必要になってきます。

「薩摩スチューデント23」は、その高校卒業資格を取得する事を全面的にバックアップする組織となりますので、ご留意くださいませ。

普通の高校に通っている生徒さんで「薩摩スチューデント23」に参加されたい生徒さんがいらっしゃった場合は、個別にご相談させて頂きたいと思います。


・wi-fiがついたノートパソコンの所持が必要となります。

勉強の場所はいづろの教室を使用する予定です。
そこにはwi-fiが飛んでいるので、wi-fi機能の付いたノートパソコン(場合によってはタブレット)を各自持参してもらう事が必須となります。

オンライン授業を視聴するため、そしてプログラミングを学ぶ際にも使用しますので、必ず毎回ご持参ください。


・携帯電話やスマートフォンなどの、すぐに連絡がつくデバイスを所持する事を推奨します。

「薩摩スチューデント23」では固有の教室という物がありません。
常時使用する教室はありますが、ここも共同使用している場所なので、場合によってはいづろの教室とは違う所で指導していく場合もございます。

その中で、各生徒とすぐに連絡がつく様な携帯電話やスマートフォンを所有している事も推奨いたします。

また、日々の連絡事項は通信アプリの「LINE」でのグループを使用する事によってオンタイムで情報伝達をして行こうと思っています。

携帯などを所有していなくても参加は可能ですが、その際は生徒自身と緊急連絡ができる手段を確保する方法をご用意くださいませ。


・「薩摩スチューデント23」の入会に関しては、事前に生徒さんと親御さんとの3者面談をさせていただき、入会が認められた方が「薩摩スチューデント23」にご参加いただけます。

「薩摩スチューデント23」の趣旨をご理解いただき、ご両親の状況、お子様の状況、成績状況などを総合的に勘案して入会の可否を決定させて頂きたいと思っております。


・「薩摩スチューデント23」での活動の中で、他者への暴言、暴力、嫌がらせなどが確認される、国内法に抵触する言動が確認されるなど、運営側が不適切であると判断する内容が確認された場合には、退会をして頂く場合がございますのでご了承くださいませ。


・その他、事前に定められていない問題事項が発生した場合には、関係者の協議によって検討し、適切に判断していきます。


【費用】

・入会金:3万円(税込)
入会された生徒さんには「薩摩スチューデント23」の生徒の証として金バッヂをお渡し致します。
・月謝:3万円(税込)
・施設利用費:3000円(税込)
・保険料:実費

ただし、入会後1ヶ月は月謝と施設利用費は無料とします。

・活動の中で収益が出た場合は、会計処理をしたのち、適切な分配方法によって利益を生徒さんに均等配分していきます。
(ただ、現時点で利益の見込額は算出できません。その都度の活動の中ででた利益を配分していくとご理解くださいませ)


【募集定員】

10名

組織の規模の特性上、10名を越えるご参加は運営に支障をきたす事が予想されますので、10名までの募集とさせて頂きます。




以上です。

また新しい追加情報などは、このブログ上で情報発信して行こうと思っております。

その他「薩摩スチューデント23」についてのご質問やお問い合わせは、担当の上野まで(メール:sandeco.coffee@gmail.com、携帯:080ー1719ー6790)までご連絡くださいませ。



[PR]
by sandeco | 2016-04-25 17:21 | 薩摩スチューデント23

高校に「行かない」子を攻撃的にフォローする組織、始めます!


以前、このブログで少し書いたのですが「学校に行かない子をフォローするための」組織を作ります!という内容。

あれから水面下で色々と準備を進めておりまして、まずはどういう事をして行くのか?の詳細をお伝えする事ができるようになりました。

そこで、このブログに情報を掲載しようと思います。



【組織名】

「薩摩スチューデント23」

f0236682_17485104.jpg


去年の3月末に、同名と同じ3日間のイベントを開催しました。
1日4コマで合計12科目「人生で生きて行くために必要な内容」を「科目」として参加者の皆さんに提供させていただきました。

新しい組織名も色々と検討したのですが、やはりこの名前がシンプルで強いメッセージを渡す事ができるだろうと考えて、この名前を採用しました。

「薩摩スチューデント」とは、江戸時代末期に、薩摩藩が幕府の禁を犯してイギリスへの留学生を派遣した時のメンバーを指します。
今年は明治維新から数えて150年目の記念すべき年。
その年にあやかり、この名前を誠に勝手ながらも頂戴することにしました。

「23」という数字の意味ですが、簡潔に理由を説明すると、「23世紀まで続く教育の形を作っていきたい」と思ったからです。

現在の世はもう21世紀になりました。
僕が学生だった頃は、21世紀というのは空想するしかできない、夢の様な時代だと思っていました。
そう、ドラえもんが作られ、人々は個人で自由に空を飛び、過去も未来も行き来できる様な、そんな時代だと思っていました。

そして待望の21世紀を迎え、はや16年が経とうとしています。

もはや未来は自分たちの手の中にあり、特別空想も妄想もしない「現実」として存在しています。

20世紀に作られた教育形態は、まだ21世紀になっても主流であり続けており、そういう意味ではまだまだ「未来」は到達していない様な気がします。

そこで、23世紀でも残り続けるための新しい教育形態を目指すべく「23」という数字を付けました。

幸いにして「23」は素数であり、「1」と自分自身でしか割り切れないというのも非常に御誂え向きの数字な様な気がします。

答えは自分自身の中にしかない。
もしくは「1」= TOP にならなければならない。

そう問いかける数字だと思っています。


さて、前置きが長くなってしまいましたが、「薩摩スチューデント23」が何をする組織なのか?をご説明します。

「薩摩スチューデント23」は、通信制の高校に通っている子を対象にして、(1)確実に高校卒業単位を取得できるようバックアップして行くとともに、(2)これからの人生を生きて行く中で確実に必要となってくるであろう知識や技術を得るための機会を提供し、経験してもらう組織です。

この2つのポイントを軸としています。

(1)については、通信制の高校に通っている人を対象とはしましたが、既存の高校にどうも馴染まない生徒さんも対象にしたいと思っております。
(ただ、平日昼間の活動が主なので、その辺りをどうするか?は検討が必要ですが)

通信制の高校の卒業率は20%と言われています。

理由は様々あるでしょうが、僕はこの大きな原因は、通信制の高校に通う子達の生活面を支える様な組織がないからではないか?と考えました。

通信制の高校だと友達ができない、生活を自分でコントロールできない、積極的に学ぼうという意欲が湧かない。

そういう部分をフォローする人なり組織があれば、もっと「攻撃的に」高校生活を楽しめるのではないか?と思っています。

なので(1)の部分に関しては100%の卒業を目指します。
ここは絶対に譲れない所だと考えているので、確実に卒業してもらう為のフォローをしていくつもりです。

(2)については、高校では学ぶ事のない事を数多く「体験」してもらおうと考えています。

例えば今考えている内容を挙げますと・・・

1:プログラミングについて学ぶ

ただ学ぶだけじゃなく、仕事を受注する事を前提として技術を身に付けて行ってもらうつもりです。


2:株式会社を立ち上げる/運営する/M&Aをするという事を全て体験してもらう

1年間の間で、株式会社の設立、事業運営、会計処理や決算、そして最終的には会社を1本化するためのM&Aまでを体験してもらおうと考えています。


3:「学費は自分で稼ぐ」という意識を醸成する

毎月定額のお月謝はお預かりする予定ですが、生徒の皆様にはそれを原資として(足りない場合は資金調達まで実践して)、事業運営をしてもらいます。
その中で、利益が上がった場合は生徒の皆さんに還元していこうと思っています。
この活動を通じて、自分の学費は自分で稼ぐのだという意識を持って、金銭感覚を養っていこうと思っています。


4:たくさんの「楽しい大人たち」と接する機会を用意します

鹿児島を愛する人の中には、先進的な取り組みをしていたり、面白い活動をしていたり、人生を楽しんでいたりする20代〜40代の大人たちが数多く存在しています。

高校生の頃からそういう人達と接する機会を多く持つ事で、自分が本当にやりたい事や自分の目標を持ってもらうきっかけにしてもらおうと思っています。

場合によっては、マッチングすれば期間を定めたインターンシップなども実施していこうと思います。


今考えていることはこういう内容で、ここに挙げた活動は行っていく予定です。

他にもまだまだやりたいと思っている事はたくさんありますが、

この組織は、日々進化していく組織である

という事をご理解頂けたらと思います。

今考えている事は実行するつもりですが、他にもその都度新しく実施する内容も増えてきます。
それと同時に、もしかしたら需要のない内容に関しては取り止めになる可能性もあります。
活動内容の変更については、逐次ブログなどで発信していこうと思っていますが、この点に関しては、生徒さん、保護者の皆様とよくご相談させて頂いた上で決めていこうと思っております。


そして、今回この「薩摩スチューデント23」をスタートするにあたり、私1人だけではなく、鹿児島の中で輝いている方々を「外部アドバイザー」として組織に参画して頂けることとなりましたのでご紹介させていただきます。


・竹下夕貴絵さん
【英会話学校講師】

薩摩スチューデント23では、「英語科」についてのフォローアップをお願いする予定です。

・田仲正明さん
【鹿児島ユナイテッドFCオフィシャルカフェ「ユナはん」代表】

薩摩スチューデント23では、「体育科」についてのフォローアップをお願いする予定です。

・永山由高さん
【鹿児島天文館総合研究所「Ten-lab」理事長】

薩摩スチューデント23では、「社会科」についてのフォローアップをお願いする予定です。

【あいうえお順】

そして私、上野晋太郎
【SANDECO COFFEE 数学カフェ / 数学塾代表】

薩摩スチューデント23では、「数学科」と「理科科」についてのフォローアップをする予定です。


他にも、イベント開催にまつわるサポートとしては「公開秘密基地 いづろベース」のメンバーと行動を共にしたり、プログラミングについては「株式会社 気宇」の木原佑介代表にアドバイスをお願いする予定です。

他にもまだまだサポートして頂ける方々もいらっしゃいますので、逐次情報を公開していこうと思っています。



まずは「薩摩スチューデント23」の設立宣言をここでさせていただきます!

細かい概要については、また次に投稿しようと思っています。



もしお問い合わせのある方は、SANDECO COFFEE 数学カフェ / 数学塾の上野まで(メール:sandeco.coffee@gmail.com、携帯:080ー1719ー6790)お問い合わせください。


[PR]
by sandeco | 2016-04-25 15:20 | 薩摩スチューデント23

今日の数学部の部活は中止します


今日の数学部の部活は、所用により中止します。
宜しくお願い致します。



[PR]
by sandeco | 2016-04-23 13:14 | SANDECO COFFEE 数学部

「数学カフェ」臨時休業のお知らせ


お客様各位


平素は「SANDECO COFFEE 数学カフェ / 数学塾」をご利用くださいまして誠にありがとうありがとうございます。

大変急なご連絡で申し訳ございませんが、諸般の事情によりまして誠に勝手ながら明日(22日)から27日(水)の1週間、お店を臨時休業とさせて頂きます。

なお、28日(木)より再び営業を再開させて頂く予定です。
そしてゴールデンウイークは、火曜日・水曜日ともに営業いたします!


なお、コーヒー豆のご注文については、上野(080-1719-6790)の方まで直接ご連絡を頂くか、メールアドレス(sandeco.coffee@gmail.com)までご注文をくださいますよう宜しくお願い致します。

今週末にお店にご来店を予定されていたお客様につきましては、ご期待に添えずに誠に申し訳ございません。
ゴールデンウイークより、また元気に営業を再開致しますので、引き続きご愛顧賜わりますよう何卒宜しくお願い申し上げます。


SANDECO COFFEE 数学カフェ / 数学塾



[PR]
by sandeco | 2016-04-21 19:45 | 数学カフェ

今日の囲碁クラブは、所用によりおやすみ致します


今日の16時からの囲碁クラブは、大変申し訳ないのですが、所用によりおやすみ致します。

どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by sandeco | 2016-04-20 14:38 | 数学カフェ

今日の数学部の部活は中止にします


今日の数学部の部活は大変申し訳ありませんが、中止とさせて頂きます。

宜しくお願い致します。
[PR]
by sandeco | 2016-04-16 12:51 | SANDECO COFFEE 数学部

スカイマークさんの機内誌【4月号】に掲載して頂きました!

f0236682_14084170.jpg

f0236682_14084150.jpg


現在配布されているスカイマークさんの機内誌4月号の中で、ウチのお店と「フルーツ温泉 白熊の湯」を取り上げて頂きました!!

「就航地トレンド」というコーナーでご紹介いただいております。

スカイマークさん、ありがとうございました!!
[PR]
by sandeco | 2016-04-06 14:06 | 数学カフェ

明日の囲碁講座は、16:00 〜 17:30までとなります


明日、第1回目の無料囲碁講座を開催いたしますが、所用により勝手ながら16:00 〜 17:30までとさせて頂きます。

初回から大変申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い致します。


SANDECO COFFEE 数学カフェ / 数学塾

[PR]
by sandeco | 2016-04-05 20:16 | 数学カフェ

毎週水曜日、16:00〜18:00で囲碁の講習会を開きます!


来週6日の水曜日から、毎週水曜日の16:00〜18:00の間で囲碁の講習会を数学カフェで開催致します!

対象者は初心者〜中級者くらいでしょうか。

最近「AlphaGO」の影響で「囲碁」というゲームに注目が集まってきました。

「囲碁って面白そうだけどルールが難しそう」

とか

「囲碁は集中力を高めたり、考える力を付けるのに最適だからやってみたい!」

などとお考えの方!
ぜひフラッと立ち寄ってみてください。

小学生から受け入れ対応したいと思います。
もちろん大人の方でも大歓迎!


まずは19路盤ではなく9路盤を使ってルールを学びます。
しかもですね、この9路盤のセットがちょっとオシャレなんですよ!!

当面は無料でお教えいたします。
そうですね、5月いっぱいくらいは無料でやるつもりです。

あ、ちなみ僕はアマチュアで4段くらいの棋力でした。
(最近はやってないので鈍ってると思いますが。。)

ぜひ、お気軽にご連絡くださいませー!


お問い合わせは、SANDECO COFFEE 数学カフェ / 数学塾まで。
電話:099-213-9533
メール:sandeco.coffee@gmail.com




[PR]
by sandeco | 2016-04-01 17:22 | 数学カフェ