【場所】 鹿児島市名山町4-1-2F(鹿児島市役所・電車通りを挟んだ斜向かい) 【営業時間】 10:00 ~ 17:30(L.O 17:00)  【定休日】 火曜・水曜  【TEL/FAX】 099-213-9533
by sandeco
カテゴリ
全体
ご挨拶
「SANDECO COFFEE」について
「SANDECO COFFEE」の特長
【メニューリスト】
【カフェインレスコーヒー】
【ギフト】
今日のお豆
コラム・コーヒー
鹿児島のオススメ
daily
cainoya × SANDECO
北村直登せんせい
数学塾
数学カフェ
☆ジョブディス☆
SANDECO COFFEE 数学部
★ manavee ★
株式会社をつくろう!
薩摩スチューデント23
すうがっくま
計算ブリッジ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ジョブディス(SANDECO Job Discovery Project)          学生さんはちょっとお安くしました。

ジョブディス(SANDECO Job Discovery Project)について。

3月24日(日)の9:30~11:30に第0回目として無料説明会を行うのですが、

4月20日(土)から開催のジョブディス参加費をちょっと見直しました。



大人・子ども共通で1500円としておりましたが、



大人1500円
高校生以下1000円




という価格体系に変更いたします。



とある方と、このジョブディスについてお話をしていた際に、

「学生さんはお金が無いから、1500円だと参加しにくいんじゃないかな?」

というご意見を頂きました。



確かに学生さんはお金が無い。

その中で1500円というのは恐らく安くない金額でしょう。



このprojectを主催する側として、より多くの学生さんに1番脂の乗った世代の方の仕事話を聞いてもらいたいし

また、長くこのprojectを続けていきたいという想いもあります。

ゆくゆくは、鹿児島で活躍している方だけじゃなくて、全国に目を向けて仕事をバリバリしている30代の方を鹿児島にお呼びしたいとも思っています。



ですので、ほんの少しばかりではありますが、

高校生以下の学生さんは参加費を1000円とさせて頂く事に致しました。



自分の楽しい未来を探すため

お子様の輝ける未来をサポートするため

ジョブディス(SANDECO Job Discovery Project)は、お役に立てればと考えております。



3月24日(日)の説明会、お待ちしております。



 ※ 会場の都合上、席数には限りがございますので
    メール(sandeco.job.discovery.project@gmail.com)にて参加予約を頂けますようよろしくお願いいたします。
[PR]
by sandeco | 2013-02-28 00:49 | ☆ジョブディス☆

福岡day


am6:00起き



からの



am12:00帰宅。



泡沫の福岡弾丸買い物ツアー終了!



IKEAで大人買いしてきました。

かなりいい感じですよー。

後はこの上に乗せる物のクオリティーを高めていくのみ!

明日からまた気合気合。
[PR]
by sandeco | 2013-02-26 00:31 | daily

ジョブディス説明会を開催します!

「ジョブディス」"SANDECO Job Discovery Project"

への問い合わせが多くなって来ました。

やはり皆さん、お子様の教育に関する情報へのアンテナは敏感のようですね。



「どんな内容なんですか?」

「どういった方が講師として講演される予定ですか?」

「予約制ですか?当日でも大丈夫ですか?」



などなど・・・




そこで、ジョブディスの事をもっともっと気軽に知ってもらう為に、

第0回目として、「ジョブディス」の説明会を開催することにしました!

以下に詳細を記します。






タイトル

"20年後の自分を知ろう!" ~SANDECO Job Discovery Project 【ジョブディス】~ 説明会


日時:2013年3月24日(日) am 9:30 ~ am 11:30

場所:かごしま県民交流センター 中研修室

入場料:無料

内容: ①「ジョブディスってなに?」
    ②「これからの講師予定者の説明」
    ③「質疑応答」



などを予定しております。

司会進行と講師は私が務めます。

もしご要望があれば、数学に対する勉強方法の解説や私の半生をご案内させて頂きたいと思っています(笑)



無料のイベントなので、ご興味のある方や、色々と聞いてみたい、または「こういう質問をぶつけて欲しい!」などのご要望のある方は是非ご参加くださいませ!



なお、会場の関係上ご参加いただける人数には限りがありますので、

参加をご予定の方は、メールにて事前予約を頂けます様宜しくお願いいたします。

メールアドレスは

sandeco.job.discovery.project@gmail.com

です。



気軽な会にするつもりなので、ラフな格好でお越しください。

それでは皆さまのご参加お待ちしております!
[PR]
by sandeco | 2013-02-24 17:03 | ☆ジョブディス☆

cainoyaさんのお料理、出します!

新しくOPENする「SANDECO COFFEE 数学カフェ」ですが、

カフェ部門は、ハッキリ言ってこれから大いなる成長を遂げなければならない部門です。。

ですので、強力な助っ人(伝道師)をSANDECO COFFEE 数学カフェにお迎えして

カフェ部門を力強く育てていく事にしました!





「cainoya × SANDECO」





照国神社のほど近くにある全国的に有名なリストランテ

「RISTORANTE cainoya dal 1931」さん。

ここのお料理をウチでもご提供いたします!!





まずは、秘伝のハヤシライスとcainoyaジェラートをご提供していきます。

カフェのオペレーションや調理に関しても今後ご指導を頂くので、

これからもっともっとcainoyaさんの味が増えてくると思います。



超高級イタリアン(リストランテ)と、街カフェのコラボレーション。



これは一重に、オーナーシェフの塩澤さんとのご縁によるものです。

このご縁を活かし、単なるオシャレなご飯やスイーツじゃない「本物の味」を追求して行きたいと思っています。



やるからには、全て本気です。



これからカフェ部門も是非、ご期待ください!
[PR]
by sandeco | 2013-02-22 02:35 | cainoya × SANDECO

数学カフェ ~under construction 【5】~


f0236682_232399.jpg


f0236682_2322521.jpg


f0236682_2324252.jpg


今日見たらこんな感じに大変身してました。

すごい全然雰囲気違う・・・
目まぐるしく出来上がってくお店に興奮が収まりません!(笑)
[PR]
by sandeco | 2013-02-20 23:03 | 数学カフェ

数学カフェ ~under construction 【4】~

ホール、厨房、焙煎室の床組みが終わりました。

f0236682_2291967.jpg


出来上がってくると、少しずつワクワクしてきますよね。

しかも!

f0236682_2215267.jpg


天井にクモの巣みたいに張り巡らされてた配管たちが、きれいサッパリ無くなってるではないか!!



ヤバい、テンション上がります。

ものすごい空間ができそうな予感・・・
[PR]
by sandeco | 2013-02-18 22:07 | 数学カフェ

「ジョブディス」 (SANDECO Job Discovery Projectの愛称です)

先日ご案内した「SANDECO Job Discovery Project」ですが、

ちょっと覚えにくいですよね・・・?(^_^;



なので、短くして



「ジョブディス」



としてこのprojectを覚えて頂けたらと思います。



鹿児島の中学生・高校生にとっての未来の天職探しは、是非「ジョブディス」で!!
[PR]
by sandeco | 2013-02-18 13:55 | ☆ジョブディス☆

NEW PROJECT 始動します!!

コーヒー豆販売

カフェ





ただでさえ3つも抱えてアップアップしてるのに、

もう1つ、新しいことを今年の4月からスタートさせます。

まったくコーヒーとは違うジャンル。

ま、コーヒー豆屋と塾を一緒にやっちゃうくらいだから、新しい事って言っても大して驚かないですよね?(笑)






NEW PROJECT。そのタイトルは・・・

「20年後の自分を知ろう! ~SANDECO Job Discovery Project~」





はい、説明が必要ですよね(笑)





まず、1つ思い出して欲しいのが村上龍さんが書かれた「13歳のハローワーク」という本。

ザックリとしたイメージは、これに非常に近いと思います。

それをもっと具体化した研修会(トークショー?)を、4月から毎月1回開催していく事にしました。





このprojectを始めようとしたきっかけ。

それは、学生さんが自分の将来を思い描こうとした時に、中学生や高校生の時は勉強や部活ばかりに集中して、実際どんな職業があるのか?そしてそこで働いている人がどんな毎日を過ごしているのか?について情報を得る機会が全くないという現実があります。

中学校時代は、良い高校に入るために疑問も持たずに一生懸命勉強をやってきた。

そして高校生になり、レベルの高い授業について行くために必死でくらいついて行くとあっという間に高校3年生。

秋口を迎え、そろそろ大学受験を考えなければいけなくなった時に両親からこう言われます。






「お前は何になりたいんだ?」






今まで勉強や部活しかしてこなかったのに、何になりたいかどうかなんてあったもんか!

そもそもどんな仕事があって、その仕事に就く人がどんな毎日を過ごしていて、ぶっちゃけどのくらいの収入があるのかなんて聞かせてはくれなかったし、知るための機会もなかったじゃないか!



僕が高校生の時もそうでした。

高3になって大学を決める時の選択基準は、

「学力でどこまでいけるかどうか?」



「周りの友達より低いレベルの大学を志望校にするのはカッコ悪い」

でした。



お恥ずかしい話ですが、僕が高校生だった時も大学や学部を決めるのが精いっぱいで、その先に自分が何になりたいのか?どんな職業に就いてどんな人生を歩んでいきたいのか?まで考えが及ぶことはできませんでした。



自分の将来なりたい姿を具体的に思い描く為には、まずは具体的に働いてる姿を見られる機会を作ることだ!と思い立ったことが、このprojectを立ち上げようと思った動機になります。





中学生、高校生の年齢は13歳~18歳。

ちょうど僕たち30代の年齢は、彼らのおよそ20年後にあたります。

仕事にも慣れ、ある程度大きな仕事も任せられる様になり、いくらかの部下を抱えながらこの先数十年のリアルな夢を思い描きながら仕事に格闘している年代です。

20年後の自分のリアルな姿を学生さんに体験してもらう。

そして自分が本当に就きたい仕事を発見してもらうと思い、こんなタイトルになりました。






まず、第1回は4月20日(土)の午前10:00 ~12:00までの時間で開催します。

最初の講師は、僕の同級生で鹿児島市内の病院で働く医師をお迎えしようと思っています。

場所は、かごしま県民交流センター・中研修室。

参加費は、今のところ1,500円(大人・子供共通)を予定しています。



内容については、僕と講師とのトークライブの形式を予定しています。

事前に講師には略歴とアンケートを記入してもらい、それを参加者の皆様に配布します。

質問事項については、中学・高校で取り組んだことや大事だと思ったこと。

そして大学時代の過ごし方や就職先を決めた経緯について。

今働いている仕事の具体的な内容や、1週間の大まかの生活パターン。

結婚されてたりお子さんがいらっしゃる方には、家族と仕事の両立について。



そして何より、おおやけのイベントじゃなかなか聞けないこと。

実際の収入はいくらくらいなのか!?についてまで、SANDECO Job Discovery Projectでは斬り込んで行きたいと思っています(笑)



前半の1時間程度は講師紹介を行い、後半の1時間程度は参加者からのQ&Aの時間に充てたいと思います。

Q&Aの時間は従来より長めに取ろうと思っています。興味ある仕事に就いている人にはたくさん聞きたいことがあるでしょうからね。

ただ、質問内容によっては講師が答えられなかったり、ノーコメントとされる部分も出てくるかもしれませんが、それはご容赦くださいませ!






SANDECO Job Discovery Projectでは、

カッコつけない、飾らない、嘘つかない、リアルな30代の仕事に取り組む「生」の姿を、学生さんたちにお見せすることをお約束します。






具体的なご案内は、追ってこのブログやチラシでも情報発信していきます。

変更があった際には、このブログで情報提供していきますのでご確認くださいませ。



あ、ちなみに5月は19日(日)に弁護士の先生。6月は16日(日)に、また違うお医者さんの先生に講師をお願いする予定にしています。



詳しいお話をお聞きしたい方、お問い合わせ先は以下のメールアドレスにお願いします。



sandeco.job.discovery.project@gmail.com



随時、このブログでも情報発信していきます!!
[PR]
by sandeco | 2013-02-16 18:34 | ☆ジョブディス☆

「SANDECO COFFEE 数学塾」について 【3】

さて、「SANDECO COFFEE 数学塾」の特長についての3回目の内容は

数学の応用力を身に付けていくための

「4ステップアプローチ法」

についてご説明してみたいと思います。





数学の勉強の進め方については人ぞれぞれ独自の勉強方法があると思いますが、

より効率良く数学の知識や公式、解放などを頭の中に入れていく方法を、「4ステップアプローチ法」としてまとめてみました。



まず大前提として、僕は教科書を熱心に熟読することを否定します。

どんなに見た目が難しそうな単元だからと言って、教科書を何回も何回も熟読し、公式を全て頭の中に叩き込んで暗記してから問題を解いていくというやり方は、ハッキリ言って「大いに時間のムダ」だと考えています。

じゃあどうやっていくのか?

僕は「問題を解く」という中で、その単元の内容や公式などを頭の中に整理して入れていくというやり方がベストだと思います。



チャート式に言うと、

「内容を理解・暗記」→「問題を解く」という流れではなく、

「問題を解く」→「教科書に戻って内容を理解・暗記」という流れです。

全くの逆の流れと言ってもいいでしょう。

余談になりますが、これは理科や社会の単元についても同じように言える事だと思っています。

(ま、1回くらいは教科書を通読する必要はありますけれどね・・・)



受験勉強の「最終的なゴールは何か?」

志望校に合格することですよね?

じゃあどうすれば志望校に合格できるのか?

それはテストで高得点を取ることに尽きます。

じゃあテストで高得点を取るにはどうしたらいいか?



それはまさに、テストで高得点を取る練習を積み重ねていくのが1番の近道なのです。



僕の母校のラ・サール高校でも、同じやり方で生徒たちを指導しています。

要は、生徒を「テスト漬け」にするという方法。

これは2つの点でメリットがあると思います。

1つは知識を効率よく定着させるには「テスト形式」が最も優れているから。

そして2つめは、「テスト」という形式に慣れることで、本番に強くなる精神力を養うこと。

僕もこの考え方には賛成です。

なので僕の生徒さんにも、教科書を読み込ませるよりも、サッと教科書を読んだらすぐに題を解かせていくやり方で知識の定着を図っていくようにして行ってます。





話が横道に外れました。

さて、それでは本題の「4ステップアプローチ法」について説明していきたいと思います。

これは、各参考書の問題を、自分で解いていく中で「A」「B」「C」「D」という4つのランクに分類していくという方法です。



それぞれのランクの意味について

「D」:問題が解けないし、解説を読んでもその意味が理解できない問題

「C」:問題は解けないが、解説を読んだらその意味や解き方は理解できる問題

「B」:自力で解ける(ちゃんと最後まで解答が出せる)問題

「A」:【制限時間内に】自力で解ける問題

としています。



全ての問題に対して、僕は生徒さん自分の手で、A~Dまでのランク付けをして貰うようにしています。



数学塾において、僕が果たす役割というのはいたって簡単です。

それは・・・



「D」問題を「C」問題にレベルアップさせること



この一言に尽きます。

少し極論になりますが、これ以外の事については、僕が教えなければなければならない理由はないのです。

ですから、僕の生徒さんには、指導の時間は「目いっぱいD問題を持ってきてくださいね」と言っています。

(もちろん、D問題かどうかについては1度自分で解かなければならないので、予習が必要になるということですね・笑)

そして指導する時間の中で、しこたまD問題が理解できるようになるまで教え込んでいきます。

この流れこそが、僕の数学塾を1番上手く利用する方法であり、そのまま数学の応用力が身に付く勉強方法だと信じています。



実際、このやり方でやっていくと、まず生徒さんは「数学アレルギー」になることがありません。

なぜなら数学アレルギーになってしまうのは、問題が解けないことではなく、その解説の意味が分からないからなのです。

それによって自分で勉強する意欲が著しく阻害される → 数学の勉強をしたくなくなる → 学校のペースに遅れていってしまう → 数学アレルギーになる

という悪循環によって、数学アレルギーは起こってしまいます。



僕の数学塾の指導では、「解説の意味が分からない」という状態には絶対になりません。

それは自信を持って断言できます。

なので自分で勉強することが苦痛じゃなくなるので、なんとか数学に遅れずに付いていく事ができるようになるのです。





ちょっと話が長くなってしまいましたね。

なので「4ステップアプローチ法」については、また次回も引き続き説明していこうと思います。



あ、もしこのブログを読まれている方で聞いてみたい点などがありましたら、遠慮なくコメントやメール【sandeco.coffee@gmail.com】にお問い合わせくださいませ。

ではまた。
[PR]
by sandeco | 2013-02-16 15:35 | 数学塾

「SANDECO COFFEE」、美味しくなりました。

久しぶりにコーヒーの話を。



新店舗オープンの準備、そして毎日のお客様のご注文対応に追われる日々の中で、ここ3ヶ月くらいで焙煎方法の改善について取り組んでいました。

いや、正確には自家焙煎のお店をオープンしてからずっと、この焙煎機との格闘は続いている状態ではありますね。。



自分が焙煎したコーヒー豆をカッピングしていると、たまに自分で納得いかない味に出くわすことがありました。

焙煎プログラムは同じなのに、どうも味の出方が満足いかない時がある。

特に今のような冬場だと、焙煎プログラムを微調整していかないとすぐに味の変化が出てきてしまいます。

この「ちょっと気になる」味わいを改善するために、プログラムを色々いじくりながらカッピングを繰り返していました。





最近、ようやく1つの方向性が見えてきました。

それは、焙煎前のコーヒー生豆の温度を上げてあげる事によって、その後の焙煎が上手く進行させるようにすること。

巷で言うところの、いわゆる「ダブル焙煎」の様な方法を採ることによって、香りの強さ、甘さ、雑味が出ないこと、豆の特徴的な香りを引き出すことが改善された様に感じます。
(行き過ぎてしまったら、逆に雑味(特にエグみ)が強調されてきてしまうのでバランスを取ることが必要ですが・・。)



まだまだスペシャリティーコーヒーの持つ魅力を100%引き出すことはできていないかもしれません。

ただし、目の前にあるコーヒー豆を、フレッシュな状態で嫌な後味を出すことなく、香りも十分に楽しみながら毎日美味しく飲んでもらうという方向性については見えてきたと思っています。






「SANDECO COFFEE」、美味しくなりました。






なんて、なかなかのビッグマウスだなと自分でも思いますが、

今までずっと焙煎・カッピングテストを繰り返してきた中で、自分が納得できる1つの答えが見つかった結果として心底そう感じているので、今回ばかりは言わせてください(笑)



そして、もちろんこれからもずっと焙煎の試行錯誤を続けていきます。

もっともっと美味しいコーヒーの味を創り出すために。



美味しくなったSANDECO COFFEE、ぜひお試しあれ。
[PR]
by sandeco | 2013-02-15 00:30 | 「SANDECO COFFEE」について