【場所】 鹿児島市名山町4-1-2F(鹿児島市役所・電車通りを挟んだ斜向かい) 【営業時間】 10:00 ~ 17:30(L.O 17:00)  【定休日】 火曜・水曜  【TEL/FAX】 099-213-9533
by sandeco
カテゴリ
全体
ご挨拶
「SANDECO COFFEE」について
「SANDECO COFFEE」の特長
【メニューリスト】
【カフェインレスコーヒー】
【ギフト】
今日のお豆
コラム・コーヒー
鹿児島のオススメ
daily
cainoya × SANDECO
北村直登せんせい
数学塾
数学カフェ
☆ジョブディス☆
SANDECO COFFEE 数学部
★ manavee ★
株式会社をつくろう!
薩摩スチューデント23
すうがっくま
計算ブリッジ
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:今日のお豆( 2 )

今日のお豆 【BRASIL サントス サンアントニオ プレミアムショコラ】

今日のお豆です。



・BRASIL ブラジル サントス サンアントニオ プレミアムショコラ



最近、本業以外の話しかアップしてないので、

「ホントにコーヒー屋?」

と疑問を持たれる声がチラホラ・・・



ちゃんと、コーヒー豆屋やってますよ!



ということで、久しぶりにお豆の紹介。



コーヒー豆の生産量世界一の国、ブラジル。

意外とこの事実は知られてなかったりするんですよね。

実に世界のコーヒー豆の生産量の30%以上は、ブラジル産なんです。





<お豆マメ知識>


「サントス」って、日本で流通するブラジル産コーヒー豆の多くに付けられていると思います。

これ、どうしてだと思います?

実はこれ、「ブラジル・サントス港から輸出されたコーヒー豆」を表すためなんです。



港の名前がコーヒー豆に付くのは、このサントスくらい。

(獲れる地方の名前が付くものはたくさんあるんですけど・・)

もう輸出港がブランド化されちゃっているんですね。



このサントス港、なんとターミナルの全長が13kmもあるらしいですよ!

(またコーヒーの話からズレてきたな。。)

ちなみに、「サンアントニオ」はコーヒー豆が獲れた地方の名前です。





さて、このプレミアムショコラ。

焙煎度によって色んな顔が出てくる、まるで「名バイプレイヤー」のようなヤツなんです。

焙煎度④だと、酸味が爽やかに香り、コーヒー豆の「豆々しい」感じが際立ってきます。

⑥に上げると、名前の由来でもあるチョコレート(カカオ)感が増してくる味に。

そして⑧まで煎ると、コーヒー本来の風味はちょっと失われてきますが、切れ味の良い苦味へと変化します。



人の好みは千差万別。

特にこのお豆は、人によって指定する焙煎度が全然違うから面白いんですよね。

仲良くさせてもらっている、埼玉の「自家焙煎珈琲工房・まめぞう」さんは、浅めの焙煎が最も売れるそう。

コーヒーの世界に飛び込んでつくづく感じるのですが、

好きなコーヒーの味っていうのは、本っ当に人によって全然違うんですよ!



サンデコでは、名前の通り「ショコラ」感を楽しんでもらうため焙煎度⑥をオススメにしていますが、

焙煎度による味の変化具合も感じてもらったら嬉しいですね。

抽出の終わったコーヒー粕も、これがまた甘~い香りを出すんですよねぇ~・・・。
[PR]
by sandeco | 2010-05-05 00:01 | 今日のお豆

今日のお豆 【KENYA ケニア マサイ AA】

今日のお豆です。



・KENYA ケニア マサイ AA



柑橘系の香りのする代表格のコーヒー豆です!

酸味に特長があって、オレンジ、ブルーベリー、紅茶のような味わいと表現されることもあります。

もちろん香りも爽やかに立ち込め、アフリカの広大な大地と、そこに暮らす野生の動物たちを想い起こさせてくれます。



<お豆マメ知識>

名前最後についてる「AA」とは、ケニアでの豆の大きさの等級を表す指標です。

   AA : 豆の大きさがスクリーンサイズで17(6.5mm)以上のもの
   AB : スクリーンサイズ15~16(5.5~6mm)のもの

という風に出荷段階で格付けされています。

この豆の大きさの格付けは、国によって若干異なるんですね。。

(ちょっとだけならいいんだけど、全然言い方が違ったりするから、混乱する!)

他の国の言い方も、このブログで説明していきますね。




このコーヒー豆を、エスプレッソで淹れてみました。

すっごくきめ細かいクレマができます!!

色はちょっと薄いクリーム色なんですが、これがまたいい香り!

ペーパーで淹れて飲むと、若干酸味が収まりマイルドな味わいになります。

(それでも、もちろんこの爽やかな香味は残ります!)


ケニアはスペシャルティーコーヒーへの取り組みはいち早く行っており、

世界的にもケニア産のコーヒー豆は極めて高品質で評価が高いのです。

「ブラジル」とか「コロンビア」の様な知名度はまだまだありませんが、

本気で作っているコーヒー豆の味わいを、ぜひお楽しみください。
[PR]
by sandeco | 2010-04-19 10:25 | 今日のお豆